電線皮膜剥離剤 「デペント」シリーズ [加温 劇物タイプ]

≪AIW、EIW等の被膜に対応≫(加温使用)

 

≪種類≫

デペントC-1

80~140℃で使用 剥離時間:数10秒~数分(高温程短縮)

デペントCS

400℃以上で使用  剥離時間:数秒~10数秒

 

≪用途≫

電線に塗膜している各種耐熱絶縁樹脂エステルイミド・アミドイミド等を加温液体で溶解剥離

 

≪使用方法≫

浸漬→浸漬状態放置→液中溶解→取出→水洗→中和→水洗→洗浄→後処理
加熱機器で各々決定した温度に保温した液体に電線の剥離したい部分を浸漬し放置
液中で溶解したら取り出し、丁寧(数回)に水洗・中和・洗浄して剥離完了
後処理はハンダ付け等で酸化させない事が前提(方法は別途にて紹介)

 

≪主成分 苛性アルカリの主法令≫

劇毒物取締法 第2条 劇物


デペントC‐1 カタログ
デペントC‐1 カタログ

画像をクリックするとカタログをご覧頂けます。

デペントCS カタログ
デペントCS カタログ

画像をクリックするとカタログをご覧頂けます。